NEWS

  • REPORT

    2017 YUMIKATSURA GRAND COLLECTION with OPERA 開催レポート

    February 15, 2017 / TOKYO

    『オペラでつづる新結婚物語』

    甦る蝶々夫人/メリーウィドウ/トゥーランドット
    2017年2月15日(水)開催

     
    国内通算82回目となる2017 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION IN TOKYOを2月15日にグランドプリンスホテル新高輪「飛天の間」にて開催し、3回公演のショーは大盛況のうち、無事に終演を迎えることができました。ご来場頂きました多くの方々に厚く御礼申し上げます。
     
    今回のコレクションはオペラとの初共演で、ユミカツラの和洋の新作約100点を、オペラや歌曲の名曲19曲をゲスト・ライブで紹介したもの。「ブライダルファッション」と「オペラ」の競宴で魅せる、1日限りのエンターテイメントなステージには、ゲストにシモーナ トーダロ パヴァロッティ(ルチアーノ・パヴァロッティの姪/ソプラノ)、フェデリーカ・ヴィタリ(ソプラノ)、高橋正典(バリトン)、大山大輔(バリトン)、今井学(バリトン)、清野友香(ソプラノ)、加藤康之(テノール)が登場。愛し合い、結ばれてゆくカップルのときめき、とまどい、幸福感など、さまざまな心模様をオペラや歌曲の名曲の数々で表現したもの。更にジョン・ルーカス(ゴスペルシンガー&指揮者)率いるゴスペル合唱団も加わり会場を沸かせました。
     


     

  • REPORT

    YUMI KATSURA 2017 PARIS COLLECTION 開催レポート

    January 26, 2017 / PARIS

    2017年1月23日(月)15:30 (パリ時間)より、インターコンチネンタル・パリ・ルグラン内のサロン・オペラにて、Yumi Katsura Paris 2017 Collectionを開催致しました。
     
    今回のテーマは、“若冲を着よう”です。生誕300年を記念して伊藤若冲の絵画をテーマに選び、若冲作品24点を含む30作品を発表致しました。
     
    尚、これらの若冲作品は、2017年2月15日(水)、グランドプリンスホテル新高輪、飛天の間で開催の
    2017 Yumi Katsura Grand Collection with Operaでもご披露致します。
     

  • REPORT

    2016 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION IN OSAKA 開催レポート

    July 23, 2016 / OSAKA

    『見つけよう理想のウェディング』

     
    昨年の50周年から、新たな第1歩となる2016 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION IN OSAKAを7月20日に帝国ホテル大阪にて開催し、2回公演のショーは大盛況のうち、無事に終演を迎えることができました。ご来場頂きました多くの方々に厚く御礼申し上げます。
     
    東京と大阪で通算81回目となった今回のショーのテーマは『見つけよう理想のウェディング』。
    日本の婚礼衣装の理想的なスタイルとして、和洋のペアスタイルの数々をメインに展開。
    スペシャルゲストの片岡愛之助さんは、ご自身の結婚式より一足早く、メンズフォーマルの正礼装であるテールコートスタイルと桂由美考案で花婿の凛々しさを表現した和装の肩衣スタイルで登場し会場を沸かせました。
     


     

  • REPORT

    2016 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION IN TOKYO 開催レポート

    February 16, 2016 / TOKYO

    昨年の50周年から、新たな第1歩となる2016 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION IN TOKYOを2月16日に国際フォーラムにて開催し、14時、17時、19時30分の3回公演のショーは大盛況のうち、無事に終演を迎えることができました。ご来場頂きました多くの方々に厚く御礼申し上げます。

     

    今回はユミカツラの美学を網羅したウエディングドレスはもとより、和装やメンズフォーマルなど和洋の最新作、約100点を取り揃えたブライダルショーと華麗なレビューやアーテイストライブを融合させたエンターテイメントなステージを展開。スペシャルゲストの真琴つばささんを筆頭に、元宝塚歌劇団トップスターOG13名の方々やダンスボーカルグループ・BRIDGET(ブリジット)が登場し華を添えて頂きました。更にショーのラストを飾るにふさわしい、オートクチュールテクニックを駆使した『純金のウエディングドレス』が登場し、その優美で気品ある美しさが会場を沸かせました。

     

     

  • REPORT

    YUMI KATSURA PARIS 2016 COLLECTION 開催レポート

    January 27, 2016 / PARIS

    YUMI KATSURAの2016パリ・オートクチュールコレクションが1月25日、PAVILLON DAUNOU で無事に開催されました。
     

    当社は2003年より、パリ・オートクチュールコレクションに参加し、2005年にはパリ・カンボン通りのシャネル本店前にパリ店をオープンしました。以来、今日までコレクションや店舗プレゼンテーションを通じて、日本のファッション文化や日本の伝統技術、さらには“Made ㏌ Japan”にこだわった作品をパリから世界に発信し続けています。
     

    2012年より、日本を代表する伝統工芸である友禅をモチーフに、優雅な日本の美を現代ファッションにデザインして発表。パリ店を通して、ユミカツラの“YUMI YUZEN”がヨーロッパやアラブの人々に広がってきています。
    今回も友禅をモチーフにした新作ドレス20点に加え、新たに友禅のメンズフォーマルも3点を発表しました。また、今回は“MAGIC ORIENTAL GOLD”をテーマに「金」にチャレンジ。時空を超えた東洋の伝統を世界にアピールするため、純金のウエディングドレスをデザイン・発表しました。
     

    ユミカツラは20数年前、金箔を織り込んだ生地でウエディングドレスと打掛をデザインしましたが、軽やかさを求める現代のトレンドに応えるために、日本伝統の特殊技術を駆使して、極細のキュプラ糸に本金糸と金箔を巻き付けた純金の糸を開発。これを82,000m使用して織った生地を用い、純金糸刺繍を施しました。軽量でしかも、文字通り黄金の輝きを放つゴージャスなウエディングドレス。販売予定価格は5,000万円です。
     

    また今回はアルミ業界の大手、東洋アルミニウム(株)が開発した、見る角度で色が変わるユニークなメタリック顔料「クロマシャイン®」を塗工した糸、「ゆうさい™」で生地を製作。これを用いた4作品も発表。
    日本の伝統を現代に活かすとともに、これに根差した技術や美意識で、新たなフィールドを提案し続けるユミカツラ。そのチャレンジ・スピリッツに賞賛の拍手、声援を頂きました。

     

  • REPORT

    50th Anniversary Yumi Katsura Grand Collection in Osaka 2015
    『美と美食~歴史の饗宴』

    July 8, 2015 / YUMI KATSURA INTERNATIONAL CO.,LTD.

     

    創立50周年を記念したコレクション、今回のテーマは『美と美食~歴史の饗宴』ー 創作活動50周年を迎えたブライダルファッションデザイナー桂由美と大阪の迎賓館として80周年を迎えたリーガロイヤルホテルが融合する記念すべきコレクションは、今までの感謝の気持ちを込めたアニバーサリーパーティになりました。ステージではユミカツラの美学を網羅した和洋の新作約100点がランウェイに登場。展示ブースでは今までに手がけた著名人カップルの婚礼衣装を当時のお写真と共に特別展示されました。

     
    スペシャルゲストとして歌手や女優、声優としても活躍する神田沙也加がモデルとして登場。また、テノール歌手の秋川雅史が美しい歌声とともにコレクションを盛り上げてくださいました。

     

    オートクチュールは「光のエレメント」をテーマに、蓄光&蛍光ビーズ434,850個を駆使したウエディング分野で世界初となる幻想的なグランマリエと昨年、無形文化遺産に認定された和紙とのコラボレーションで誕生したダイナミックなWASHI-MODEなど、ユミカツラの美学を凝縮した作品群を発表しました。

     

    日本にブライダルという言葉すらなかった1964年に、日本初のブライダル専門店をオープンし、翌年に日本初のブライダルコレクションを開催して以来50年。毎年ニューウエディングの提案を続け、日本のブライダル界のシグナルとしての役割を果たし、業界をリードし続けるユミカツラ。その50年の歩みは、日本のブライダルファッションの歴史そのものです。
    世界中の花嫁を美しく輝かせて来た50年間、これからも花嫁を輝かせ続けることを宣言するという思いが込められました。この記念すべきコレクションにご来場頂きました多くの方々、またご協力頂いた関係者の皆さまに厚く御礼申し上げます。

     

  • REPORT

    50th Anniversary Yumi Katsura Grand Collection in Tokyo 2015
    『YUMI KATSURA SHINING FOREVER』

    February 27, 2015 / YUMI KATSURA INTERNATIONAL CO.,LTD.

     

    50周年記念コレクションのテーマは『YUMI KATSURA SHINING FOREVER』。世界中の花嫁を美しく輝かせて来た50年間、これからも花嫁を輝かせ続けることを宣言するという思いが込められました。
    ユミカツラの50年の歩みは、まさに日本のブライダルファッションの歴史。
    今回の会場では桂由美の50年の足跡をパネル展示でご紹介。さらに50年間にデザインした著名人12カップルの当時の婚礼写真と婚礼衣裳を展示。

     

    一般社団法人全日本ブライダル協会(会長 桂由美)では、現代の新しい夫婦像の一つとして、結婚後も自立し、刺激し合い、高め合う生き方をする夫婦を「ニュークールカップル」とし、それを実践している夫婦を顕彰することといたしました。その初代ニュークールカップルは、「爆笑問題」の太田光さん・芸能プロ「タイタン」社長の太田光代さんご夫妻。光さんはタキシード、光代さんはウエディングドレスを着て、ステージ上での授与式に登場。
    また、お二人には衣裳だけでなく、桂由美プロデュースの「Dozen Rose Wedding」スタイルの挙式も実現していただきました。これは愛のメッセージを12本のバラのブーケに託し、花婿が花嫁に贈るロマンティックな結婚式です。光さんのアテンドには田中裕二さんが登場、爆笑問題のお二人はライブを披露し会場を盛り上げました。

     

    ランウェイではYUMI KATSURA 2015年の和洋の新作100点を披露し、琳派400年を記念したパリコレ発表作品15点、YUMI KATSURAの象徴といわれるオートクチュールでは「光のエレメント」、蓄光&蛍光ビーズ434,850個を駆使したウエディング分野で世界初となる幻想的なグランマリエ、また昨年、無形文化遺産に認定された和紙とのコラボレーションで誕生したダイナミックなWASHI-MODEなど、YUMI KATSURAの美学を凝縮した圧巻の作品群を発表しました。

     

    『ユミカツラ2015グランドコレクション東京』は盛況のうち無事に終演を迎えることができました。ご来場頂きました多くの方々に厚く御礼申し上げます。

     

  • REPORT

    YUMI KATSURA PARIS 2015 COLLECTION
    『GLORIOUS RIMPA “きらめく琳派”』

    January 26, 2015 / PARIS

     

    YUMI KATSURAの2015パリコレが1月26日、パリのPAVILLON VENDÔMEで開催されました。YUMI KATSURAは2003年より、パリ・オートクチュールコレクションに参加し、2005年にはパリ・カンボン通りのシャネル本店前にパリ店をオープンしました。以来、今日までコレクションや店舗プレゼンテーションを通じて、日本のファッション文化や伝統技術にこだわった作品をパリから世界に発信し続けています。
    2012年より、日本を代表する伝統工芸である友禅をモチーフに、優雅な日本の美を現代ファッションにデザインして発表。パリ店を通して、YUMI KATSURAのYUZENがヨーロッパやアラブの人々に広がってきています。

     

    今回のテーマは『GLORIOUS RIMPA “きらめく琳派”』、今年は俵屋宗達とともに、琳派の祖と称される本阿弥光悦が、1615年(元和元年)に徳川家康から拝領した京都洛北の鷹峯に光悦村を拓いてから400年となります。豊かな装飾性やデザイン性を特徴とする琳派の様式は、日本が世界に発信する最高の美の一つに数えられ、400年を経た現代においても、その輝きは色あせることはありません。

     

    今回は琳派400年にちなみ、京都もの創り作家の会副理事長で、昇龍画家として知られる塩谷榮一画伯が描いた水墨画の几帳6基をディスプレイした会場で、琳派の伝統をコンテンポラリーに解釈したYUMI KATSURAの新作ドレス23点を発表しました。「見たことのない繊細のコレクション」「日本の美に出会えた」など多くの賛辞が寄せられました。